グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  富士山静岡空港について >  各種データ >  環境監視結果
お気に入りリストを見る

環境監視結果

お気に入りに登録する

 「富士山静岡空港に係る環境監視計画」(平成26年4月1日)に基づく、環境監視結果を下記のとおり公表します。

「富士山静岡空港に係る環境監視計画」の概要

  1. 環境監視の目的

  2.  平成20年3月24日に策定した「富士山静岡空港開港後の環境監視計画(平成21年度~平成25年度)」(以下、「開港後の環境監視計画」という。)に基づく環境監視終了後も、引き続き、静岡空港の存在及び利用が周辺環境に及ぼす影響を把握し、必要に応じて適切な措置を講じることにより周辺環境の保全を図ることを目的としています。
    <環境監視計画の位置付け>
     平成7年1月31日に公告した「静岡空港整備事業に係る環境影響評価書」(以下、「環境影響評価書」という。)第7章の2の開港後の公害の防止及び自然環境の保全のために行う環境監視調査の基本となる計画。

  3. 本計画の内容

  4.  調査項目、調査地点、調査時期等の環境監視計画の具体的な内容は、開港後の環境監視計画に基づく監視結果、環境影響評価書の内容、今後の事業計画、静岡空港環境監視機構(平成9年度~平成26年度)の提言等を踏まえて設定しています。
     また、航空機騒音及び電波障害に関する調査については、航空機騒音対策事業に係る協定(以下、「騒音協定」という。)に基づき、2市1町(島田市、牧之原市、吉田町)の空港関係団体及び2市1町との協議を踏まえて設定しています。
     なお、必要に応じて、静岡空港環境監視会議(平成27年度設置)からの提言、騒音協定に基づく協議を踏まえ、調査内容、監視体制の見直しを行っています。

  5. 計画期間

 本計画は、平成26年度から平成30年度までの5年間を対象としています。

「富士山静岡空港に係る環境監視計画」の改正

 平成29年7月18日(火)開催の第3回静岡空港環境監視会議において、「富士山静岡空港に係る環境監視計画」の改正が承認されました。

環境監視結果

 環境監視の調査結果は、静岡空港環境監視会議にて評価した後、公表しています。