グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  空港からのお知らせ >  富士山静岡空港の県内経済波及効果(開港6年目)
お気に入りリストを見る

富士山静岡空港の県内経済波及効果(開港6年目)

お気に入りに登録する

富士山静岡空港の県内経済波及効果(開港6年目)

 富士山静岡空港の開港後6年目(平成26年6月4日から平成27年6月3日まで)の県内経済への波及効果がまとまりましたので、お知らせします。

推計結果(概要)

 平成26年度からの中国路線拡大を受け、開港6年目の県内経済への波及効果を分析したところ、生産誘発効果(いわわる経済波及効果)は、312億4千万円、雇用創出効果は2,150人、税収効果は、国税、県税、市町税をあわせて21.4億円となりました。
 このうち、中国路線に係る生産誘発効果は、前回推計の31.9倍となる99億円に拡大しました。
 なお、6年間の生産誘発効果は1,392億2千万円となりました。

PDFダウンロード

問い合わせ先

  静岡県文化・観光部 空港振興局 空港政策課
  電話:054-221-2230