グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



富士山静岡空港特定運営事業等優先交渉権者選定結果等の公表について

お気に入りに登録する

 富士山静岡空港における公共施設等運営権制度を活用した新たな運営体制の構築に向け、平成30年3月28日に選定した優先交渉権者の選定結果、優先交渉権者の提案概要及び審査委員会による審査講評を公表します。

公表資料

※「VFM(Value For Money)」とは、支払い(=Money)に対して、最も価値の高いサービス(=Value)を供給するというPFI事業における概念で、従来の方式と比べて、PFI事業の方が総事業費をどれだけ削減できるかを示す割合である。
 富士山静岡空港特定運営事業等については、県が毎年度公表している「富士山静岡空港の管理運営に係る収支」における県の一般財源投入額の削減のほか、優先交渉権者から、滑走路等の更新投資(更新・修繕)費用を運営権者が全額負担することによる県負担の削減及び運営権対価が提案されたことから、本事業にVFMがあると評価した。
 なお、ビル施設や駐車場施設を除く施設に係る更新・修繕については、県が一部費用負担することとしている。

今後のスケジュール(予定)

  平成30年10月頃  運営権の設定
  平成30年11月頃  実施契約の締結
  平成31年4月1日 事業開始

担当部局

 静岡県文化・観光部空港振興局空港政策課経営企画班
  電話番号 054-221-3276・3273
  FAX番号 054-221-2159
  E-mail airport-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp