グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  富士山静岡空港について >  各種データ >  県内経済波及効果結果(開港後4年間)
お気に入りリストを見る

県内経済波及効果結果(開港後4年間)

お気に入りに登録する

富士山静岡空港の開港後4年間(平成21年6月4日から平成25年6月3日まで)の県内経済への波及効果がまとまりましたので、お知らせします。

PDFダウンロード

問い合わせ先

静岡県文化・観光部 交流局 空港利用政策課
電話:054-221-3355

1. 推計結果

4年間の効果を推計した結果、生産誘発効果(いわわる経済波及効果)は、859億7千万円、雇用創出効果は5,814人、税収効果は、国税、県税、市町税をあわせて58.5億円となりました。

2. 空港が県内経済に与える貢献例(開港4年目(1年間)の効果)

1. 県内各地から空港に行くための交通費
  • バス・タクシー会社やガソリンスタンドに入る収入・・・約1億5千万円
  • 間接効果も含めた経済波及効果額・・・約2億1千万円
2. 空港へのインバウンド客の宿泊費
  • 県内各地の宿泊施設に入る収入・・・約12億円余
  • 間接効果も含めた効果額・・・約22億6千万円
3. 空港の見学者・送迎者の空港での飲食・土産代
  • 空港内の売店・飲食店等に入る収入・・・約5億3千万円
  • 間接効果も含めた効果額・・・約6億4千万円