グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



平成29年度 運用時間の臨時延長実績

お気に入りに登録する

月ごとの実績

月/項目 件数
(就航便数)
左記の内訳
時間延長区分 延長理由区分
30分位内 30分〜1時間 急激な
天候の変化
航空交通
管制上の指示
機材故障
4月 0(682) 0 0 0 0 0
5月 0(700) 0 0 0 0 0
6月 0(654) 0 0 0 0 0
7月 0(695) 0 0 0 0 0
8月 1(709) 1 0 0 1 0
9月 0(672) 0 0 0 0 0
10月 0(688) 0 0 0 0 0
11月 0(634) 0 0 0 0 0
12月 0(646) 0 0 0 0 0
1月 0(641) 0 0 0 0 0
2月 1(604) 1 0 0 1 0
3月 0(657) 0 0 0 0 0
2(7,982) 2 0 0 2 0

具体的な内容

月日 航空会社名 区分 離着陸時間 延長の理由
平成29年
8月8日(火曜日)
中国東方航空 出発便 22:08 上海浦東国際空港の混雑に伴う航空交通管制上の指示により、静岡空港への到着が遅れたため
平成30年
2月4日(日曜日)
フジドリームエアラインズ 到着便 22:02 福岡空港での混雑に伴う航空交通管制上の指示により、静岡空港への到着が遅れたため
*「急激な天候の変化」とは、静岡空港又は就航先空港周辺の天候悪化により、静岡空港での到着又は出発が遅延することをいいます。
*「航空交通管制上の指示」とは、静岡空港又は就航先空港の滑走路が混雑している場合等に、管制官の指示により航空機が離着陸を待機したため、静岡空港での到着又は出発が遅延することをいいます。

<参考>運用時間外における滑走路等の使用について

 静岡空港では、航空機やヘリコプターが、災害援助業務や急病患者・移植臓器の輸送などを行う場合、運用時間外であっても滑走路等の使用を認めることとしています。(条例第5条第3項)
 これは、人命救助の観点に立った特別な運用であり、平成30年2月に1件実績がありましたので、お知らせします。
月日 使用者名 区分 離着陸時間 使用の理由
2月13日(火曜日) 浜松市消防
(ヘリコプター)
着陸 06:47 日本臓器移植ネットワークの要請により、福岡空港への臓器搬送が行われたため
出発 07:08